賢く計画的にご利用を!

ショッピング枠での現金化はキャッシングのようにお金を借りるのとはまた違いますが、どちらかといえば、前借するような形でしょうか。
いずれにしてもきちんと前借したものは、返さなければなりません。

このようにクレジットカードを使っての現金化をいうと、クレジットカードのショッピング枠を利用し、その後その商品を売ることにより現金を手にする方法ですので、一見すると何もしないでお金が手に入ったと錯覚しがちですが、商品の購入代金は、クレジットカード会社にきちんと支払うことを忘れてはなりません。
なにも、ショッピング枠での現金化は悪いといっているのではなく、賢く使ってこそのシステムですので、ここに注意すべき点を何点かあげておきます。

まずは現金化というと、換金率をすぐにお考えになり、そのことばかりに注目しがちですが、もうひとつ忘れてはならない数値というものがあります。
クレジットカードのショッピング枠にもお支払い方法を、分割払い、リボ払いにすることによって利息が生じるのです。
ある程度のまとまった金額が必要というときには、クレジットカードのショッピング枠残高内であれば、クレジットカード現金化に申しこむことが可能で、それに換金率を乗じた金額を現金として手にすることはできますが、その分、クレジットカード引き落とし日にその分、口座に用意しておかなければなりません。
当然のことながら、支払いは分割やリボ払いとなるでしょう。
そのときには、利息がつくということをお忘れにならないように、事前にどのくらいの利息がつくのか把握しておくことが大切です。

 

また、クレジット枠はできれば、多少の余裕を残しておくことをお勧めします。
いつなんどき今よりももっと急場が訪れる可能性もまったくないともいえないでしょう。
そんなとき、ショッピング枠に残高がないからクレジットカード現金化はもう使えずに、消費者金融に頼らなければならないとなると、またいちから審査を受け、身分証明書、収入証明書を提出し、手間のかかることになってしまいます。

 

以上のようなことを念頭におき、クレジットカード現金化を賢く利用していただければ思います。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP