クレジットカードの不正使用を疑われない方法

クレジットカード会社には各社に利用規約があります。すべてに共通しているのは、不正使用の禁止です。もし、クレジットカードを不正使用したことが発覚すれば、利用停止や除名などの処分が下されます。ショッピング枠現金化も、場合によっては不正使用とみなされることがあります。ただ単にクレジットカードで何かを購入するだけなら問題ないのですが、はじめから転売目的でカードを使用することは規約に違反しているからです。

クレジットカードでの買い物の場合、購入時点ではその物品の所有権は購入者ではなくカード会社にあります。カードの利用額を返済して初めて所有権は購入者のものになるのです。いわば、返済が完了するまでカード会社がお金を立て替えているという形になります。ですから、それまでに購入した物品を転売する権利は購入者にはないということです。

ショッピング枠の現金化には、カードで品物を購入し、それを買い取ってもらうという形で現金化する方法がありますが、この場合は上記の規約違反に当てはまる可能性が高く、発覚すると何らかの処分が下される危険性があります。安全に現金化するなら、業者指定の商品をクレジットカードで購入し、その購入特典として現金がキャッシュバックされるという方式を採用している現金化業者を選ぶべきです。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP